投稿日:

ダイエットの停滞期を脱出するためには

日々の運動をしっかり行い、カロリー制限を続けているのに、減り続けていた体重が、ある日を境に減らなくなる現象を停滞期といいます。
もしもダイエットを目標体重まで続けたいと考えているならば、停滞期になったとしても、くじけず続けるという意欲が大事になります。停滞期になると、頑張ってもなかなか結果が出ないことにやる気を失ってしまって、途中でダイエットを中断してしまうという人もいます。人によって、ダイエットをした反動でリバウンドが起きて、以前と比べて体重が増えたという人もいます。せっかくダイエットにチャレンジしたのに、体重が増えてしまっては元も子もありません。停滞期の乗り越え方には様々なものがありますが、チートデイを設定するという方法があります。チートデイのチートとは、ずるという意味です。ダイエット中のカロリー制限や、運動のきついノルマを、ちょっとだけ緩和する日をもうけるのです。食事内容を見直して、カロリーの摂り過ぎを防ぐことが、ダイエットではまずすべきことだといいます。ところが、人間の体は、摂取カロリー量が急に少なくなると異常事態が発生したと思って、体内で消費するエネルギー量を減らそうとするのです。食事の量が少ない日を長く続けすぎないように、適度なタイミングでチートデイをつくることで、栄養やカロリーを体のあちこちに行き渡るようにするのが目的になります。チートデイを行うと、そこから体重が減りだすという声も多いので、試してみる価値は大いにあります。大事なことは、チートデイは2日は3日も続けないことです。あくまでダイエットと折り合いをつけるためのものなので、1日のみにしましょう。ヴィトゥレ ビュウペッロ 静岡